終末世界の歩き方

終末・世紀末装備の考察と製作記録

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エアコキガンを塗ってみました。  

こんにちはてょんぬです。

先日中古ショップで
IMG_6483.jpg
エアコッキングのP228を買いました。お値段なんと500円!
動作はしますがメーカー等詳細不明だった為激安で購入できました。多分マルイだと思います。

今回はこちらを塗装していこうと思います~
IMG_6485.jpg
プラ製なので表面処理の為にいつも通りヤスリがけを最初にします。
600番でざーっと。

IMG_6486.jpg
かけました。
ツヤピカのプラは表面をマットにするだけで結構雰囲気出ますぞ。

今回は私なりの「ドライブラシ塗装」のやり方を簡単に説明しますね。

使ったのはMr.ホビーのシルバー。
mrhobby.jpg
原液のままでおkです。

では塗っていきます。
塗料を筆に付けたら、ティッシュ等で軽く落としてから塗ります。
IMG_6489.jpg
つうてもあんまりカッサカサにしなくても大丈夫です。
結構大胆に塗ってもリカバリ可能なので、傷つくならここかな?ってとこに色を乗せていってください。
カドや出っ張っているところなど、実際の塗料の落ち方を参考にしましょう。

次にスポンジヤスリで塗った箇所を軽く削ります。
スポンジヤスリは1000番より上の、目が細かいものを使ってください。
IMG_6490.jpg
ポイントは、塗装面(シルバーの部分)と下地(黒の部分)の境目を意識して削ること。
ようは、境界線をボカしてより自然に塗料が落ちた感じにするんですね。


こうなります。
IMG_6491.jpg
最初にあった、「塗った」感は大分なくなったと思います。あとギラギラ感も抑えられましたね。
「ちょっと塗りすぎたな」ってとこは削ってると落ちるので、またやり直せます。

同じ要領でどんどんやっていきます。
IMG_6492.jpg
意外と適当にやるだけで様になるので楽ちんです(^o^)

IMG_6488.jpg
ほい出来ました(撮影の順番の関係で逆の面ですみません)。
結構よくないですか?(自画自賛)

IMG_6488b.jpg
正直、丁寧&正確にドライブラシ塗装をすれば、スポンジヤスリを使わなくてもなんとかなります。
ただ、それには結構技術と根気が必要になってくるので、それが両方無い人…つまり私向けです(^o^)わーい

IMG_6496.jpg
最終的にサビ塗装で仕上げました(^o^)
やり方はこないだのフェイスマスクと大体同じです。

やり終わってからパーツ毎の異素材感を再現するのもアリだったなと思いました。
IMG_6484.jpg
塗装終わってから画像を発見しました/(^o^)\

みなさんもお家で持て余しているエアコキガンを塗装して遊んでみてください~
では。
スポンサーサイト

Posted on 2015/12/14 Mon. 15:12 [edit]

category: エイジング方法

tb: --   cm: 1

フェイスマスクをサビ塗装してみる  

こんにちはてょんぬです。
最初に飛ばして書きまくったのでちょっと書くことなくなってきましたね。
まぁ予想通りですが…

サビ塗装の練習を引き続き行っていきます。
今日は
IMG_6452.jpg
このサバゲーマー御用達のフェイスマスクを塗装したいと思います。
このマスクに塗装するのは前から好きで、

IMG_6468.jpg
マクドナルドとか

IMG_6469.jpg
ホルスの目とか

IMG_6470.jpg
カモフラージュとか

IMG_6471.jpg
ちょっとしたウェザリングとか色々やってきました。

このサンセイ製のマスクはサバゲーマーなら誰しも一度は必ずつけるものだとは思うんですが、
いくらカッコイイ装備をつけてもこのマスクだけで一気に初心者風になるんですよね。
機能性は最強。でもカッコ悪い。。。→じゃあカッコよくしよう!

じゃあ塗りますね(←前置きが面倒になった)。
IMG_6453.jpg
写真を撮り忘れましたが、最初にヤスリがけして表面を荒らしておきましょう。
今回は「工事現場のトラ模様」にすることにしました。
5cm幅のマスキングテープ(100均)を貼っておきます。
既に若干曲がってますが、「まぁええわ」精神でこのまま続けます。細けぇこたぁいいんだよ!

黄色を塗ります。アクリル絵の具を筆でバンバン塗ります。
IMG_6454.jpg
先に黄色を塗ったのは、はみ出た場合でも後から黒でリタッチしやすいためです。

IMG_6455.jpg
マスキングテープを剥がしました。ちょこちょこハミ出してるので、黒を塗りつつリタッチします。

黒を塗りました。
IMG_6456.jpg
写真だとあんまりわかりませんね。

IMG_6458.jpg
ドリルで通気口を増やしました。

さてここからサビ塗装に入ります。
IMG_6361.jpg
今日もこれ使います。

まずはラストブラウンを多めの水に溶き、全体にサっと塗ります。
表面を全体的にうっすら錆びた感じにするのが目的です。

【前】
IMG_6458b.jpg

【後】
IMG_6462.jpg
どうでしょうか。微々たる変化ですが、多少雰囲気が出た…かな…?
あ、通気口増やしましたw

で、ここからはひたすらサビ塗装です。
ノリノリでやってしまったので写真が残ってません…すみません。
今回は筆のみでやりました。
IMG_6463.jpg
わたし「ヒューー!!サビ塗装たのしいーーー!!!!もっと!!もっともっと!!!!」

数分後
IMG_6465.jpg
わたし「あ、やり過ぎた………」

やり過ぎにはマジで注意してください。

おわり



(リカバリ方法考えてます)

Posted on 2015/12/09 Wed. 12:48 [edit]

category: サビ塗装

tb: --   cm: 0

エイジングのすすめ~合皮の加工~  

こんにちはてょんぬです。
さっそくですが合皮素材をエイジングしてみようと思います。

今までのエイジング方法は全て「やり方が既に確立されているもの」をアレンジしてやってきたのですが、
今回はやり方がまったくわかってません。
合皮のエイジングの表現方法は、私が調べた限り無かったです。
なので、完全に手探りの状態で開始することになりました。腕が鳴るぜ。

というわけで今回も100均アイテムを使って試していきたいと思います。
IMG_6391.jpg
安心のダイソー製。

素材は
IMG_6388.jpg
ポリウレタンです。
そもそも合皮素材とは、「ビニール的な素材をプレス加工で表面に革のようなシボをつけた生地」のことです。
革と似ていても、ヤレ方はまったく別物です。

とりあえずやってみようということで…
IMG_6392.jpg
アクリル絵の具ぺたー☆
もちろんこのままでは普通にアクリル絵の具がぺたー☆となっただけなので、拭き取ります。

IMG_6394.jpg
おっ?
シボ部分に塗料が残り、なんだか汚れた感じに…

IMG_6396.jpg
ぺたー☆として

IMG_6397.jpg
拭き取る。
うーん悪くはないかも。

全体的に同じように塗っては拭き取り…
IMG_6398.jpg
うーーーん。汚れた感じにはなりましたが、革のエイジングの表現としては違う気がしますね。
適当に黒でやったのかよくなかったでしょうか。

まだまだ研究の余地アリです。
うまく行ったらまた掲載したいと思います。

では。

Posted on 2015/12/07 Mon. 14:12 [edit]

category: エイジング方法

tb: --   cm: 0

ウェザリングのすすめ~サビ塗装の練習~  

こんにちはてょんぬです。
ブログ解説から2週間ほど経ちますね。
経験上、そろそろ更新ペースが落ちてくると思います!(´∀`*)

さてこの間買ったサビ塗料で練習がてら遊んでみたので、その過程を簡単にまとめておきます。
IMG_6361.jpg
タカラ塗料のサビ塗料、皆さんもう買いました?

今回は100均の
IMG_6427.jpg
何の変哲もないプラカップを塗装してみます~

まず、粗めの紙やすりで表面をガサガサにします。
IMG_6429.jpg
凹凸があるので微妙に大変でした。。
この作業の有無で塗料の定着の仕方が結構変わってくるので、地味ですが大切な作業です。
つるつるぴかぴかの表面だと、塗膜が剥がれやすいのでご注意です。

下地塗料のプライマーを塗ると更に完璧。

金属素材に見せるということで
IMG_6430.jpg
この部分にチョイと工夫を凝らしてみます。
溶接跡っぽいのを作ってみます。

やり方は至ってシンプル。プラを溶接します。
IMG_6431.jpg
ハンダ付けの要領で結束バンドを溶かして適当に塗りたくりました。
う~~ん適当…(∀`*ゞ)テヘッ

では塗っていきます。
IMG_6432.jpg
黒のアクリル絵の具を塗ります。
サビ塗装に慣れるまではまずはベース色として黒一色に塗ると無難で良いと思います。

乾いたら、ラストブラウンを全体的に塗ります。
IMG_6433.jpg
やっぱこの塗料めっちゃ便利…これだけでも結構雰囲気出ますよね。
スポンジでポンポンしたのみです。

次にラストオレンジを塗ります。
IMG_6434.jpg
垂れてる表現はドライブラシの要領で塗りました。
塗ってから思いましたが、ラストオレンジは「叩き」より「擦り」を多く使ったほうがそれっぽくなると思います。
ブラウンは根が深い錆ですが、オレンジは表面にサラっと付いているだけなので、
ブラウンと同じ表現方法だとちょっと違和感が出ます。

次はうまく使い分けたいと思います。

ハンダ付けした部分はこんな感じ
IMG_6435.jpg
……微妙w

最後に緑色をドライブラシでうっすらと付けてとりあえず完成です。
IMG_6436.jpg
苔のイメージですが、写真だとイマイチわかりづらいですねw

ここまでで大体2時間ほどの作業でした(下地処理に1時間、塗装に1時間)。
この要領で
61wjihwtQdL.jpg
ランタンとか

51HDm9APT5L.jpg
缶詰とかを塗装したらぐっと終末ぢからが上がるのではないでしょうか?!
ガスマスクのキャニスターとかもいいですね!
ぜひお試しください!

次は合皮のエイジング表現にチャレンジしてみます~
では。

Posted on 2015/12/07 Mon. 12:48 [edit]

category: サビ塗装

tb: --   cm: 0

エイジングのすすめ~布を汚そう・化学繊維編~  

こんにちはてょんぬです。
昨日結構お試し作業したんで、結果をまとめておきます。

今まで布の汚し方を2個紹介してきましたが(濃色)、どちらも自然素材にしか対応してませんでした。
しかし最近は最近の安い服は大体化学繊維で出来てます。
化学繊維を染められる事が出来れば、さらに可能性が広がるであろう、ということで
化繊のアイテムを(汚く)染めてみました。

まぁとりあえず練習ということで、100均で適当なものを見繕います。
IMG_6364.jpg
ウッサチャーン(¥200)
かわいいですね。かわいいものが荒廃する様子を想像すると居てもたってもいられません。

品質表示チェック
IMG_6373.jpg
ポリエステル100%、まじりっけなしの化学繊維製品です。
この手のモフモフ素材はほぼ全て化学繊維ですね。

使うものはアクリル絵の具のみ。なんか大活躍ですね。
IMG_6365.jpg
とりあえず黒と赤のみでまぜまぜ。
このあと水を加えるので、ちょっと多めにしました。

水を加えます。
IMG_6366.jpg
なんか鮮やかだな…もっとこう…ドブみたいな色がいいな…

というわけで緑と黄色を追加。
ちなみに100均絵の具だからか、水に入れると溶かすのに苦労しました。
IMG_6368.jpg
うんうん。ドブっぽい。

ウッサチャーンを漬け込みます。
IMG_6369.jpg
ウッサチャーン「ヒッ…嫌、汚い!!!」
ごめん…ごめんよ…

IMG_6370.jpg
…ん?
ウッサチャーンのモフモフが驚異の吸水率のため、用意していた水を全て吸い込んでしまいました。
しかも全体的にかなり濃いドブ色になっています。
うーんこれでいいのだろうか…

水を追加。
IMG_6371.jpg
ひどい画ですね。ごめんねウッサチャーン

染め物の時は数十分漬け込んで繊維に染料を行き渡らせる必要がありますが、
このやり方は繊維の表面に顔料を定着させる方法なので漬け込む必要はありません。


大体行き渡ったらすぐ出して絞ります。
IMG_6372.jpg
ちょっと色が落ち付きました。というか汚れました

そんでまぁ乾かしてみると
IMG_6386.jpg
…うわっ
すごいですね。すごいきたないです。
まさにドブ水に突っ込んだ感じが出ていると思います。最悪ですね。

~在りし日のウッサチャーン~
IMG_6364.jpg
あんなにふわふわで可愛かったウッサチャーン…今はもう見る影もありません。
なんとも言えないわびしい気持ちになりました。

■注意
・絞ると色が逃げます。発色を強くする場合は濃度高めの色水を作りましょう。
・顔料が表面に残るので、多少ゴワつく感じがあります。
・ツルツルした素材には効果が薄いかもしれません(未検証ですが、多分)。
・洗濯すると繊維から剥がれる要領で色落ちすると思います。


これで染められなかったアイテムを染めることが出来るようになりました!
実用する装備に反映したいと思いますv(´∀`*v)
では。

Posted on 2015/12/03 Thu. 18:02 [edit]

category: エイジング方法

tb: --   cm: 0

ウェザリングのすすめ~サビ塗装の研究2~  

こんにちはてょんぬです。

昨日届いたサビ塗料を
IMG_6361.jpg
さっそく使ってみたので効果のほどをまとめておきます!

前日迄にここまで塗っていたので
IMG_6352.jpg
イエローラストだけを塗り重ねていきます。
やり方はこの前の記事と同じなので省略します。

結果↓
IMG_6380.jpg
…遠目だとよくわかりませんかね。

IMG_6381.jpg
こんな感じです。

IMG_6382.jpg
オレンジ色がかなり良い仕事してくれてますね!!
このオレンジ、調色するとかなり面倒なので…ホント助かりました。

IMG_6384.jpg
スポンジだけでやったので、細かいところは適当なんですが…
それでもまぁまぁサマになってるんではないでしょうか。

しかし…
IMG_6383.jpg
このサビ塗装の前だとハンドガードが新品同然w
グリップもそうですが、何かしらやらないとダメですね。カビかなーと思ってます。

今回は下地処理もせず勢いで塗っただけなのですぐ落ちるんじゃないかと。
落ちたら落ちたでまた別の塗り方してみます。
やってみたい方は下地処理(やすり、プライマー等)はした方がいいですよ。
では。

Posted on 2015/12/03 Thu. 17:05 [edit]

category: サビ塗装

tb: --   cm: 0

錆び塗料を買った!!  

こんにちはてょんぬです。
今日新しく来た「錆び塗装用塗料」があまりにもパーフェクトゥすぎてテンション上がったので記事にしておきます。

買ったのはこちら
IMG_6361.jpg
タカラ塗料製 錆エイジングペイント
タカラ塗料は大阪にある老舗の塗料屋さんで、日用品のウェザリング用に作った塗料だそうです。
amazonで2色セットで1750円でした。

今まで模型用の塗料で色々やってたんですが、
ウェザリングに関しては模型用の塗料があまり使えないんですよね。
やっぱスケールが違うと表現方法が変わってくるので、模型用だとどうも嘘っぽくなりがちだったんです。
ポイント的にやるなら模型用でもいいんですけどもね。
で、リアルサイズアイテムのウェザリング方法について調べていたところ見付けたのがこの塗料でした。

■成分
まず…成分表示がありません。ちょっと調べてみたんですがわかりませんでした。
「AQUEOUS ACRYLIC」とあるので水性アクリルなんでしょうが、ペンキのようなにおいもします。
模型用というより内装用塗料っぽいんですが、そのあたりは詳しくないのでよくわかりません…

IMG_6360.jpg
メタリックな光が見えますね。模型用ウェザリング塗料に見られなかった点です。

さっそく試し塗りしてみる!
IMG_6359.jpg
塗ったのはミニ四駆のなんか…パーツ。キムワイプに乗せてポンポンと。
調色済みってめっちゃ楽…そしてこのリアルさ…すばらしいです!

IMG_6362.jpg
広い面もポンポン。
メタリックが粗めで粒感があり、錆が沸いてザラザラな表面を絶妙に表現しています。
乾いたあとの手触りもザラっとしてます。

水性なのでプラ素材にも気軽に使えそうなので、色んな100均アイテムをサビサビにできそうです。
早く使いたいですね~~(´ω`人)ウズウズ

Posted on 2015/12/02 Wed. 14:59 [edit]

category: 買ったもの

tb: --   cm: 0

エイジングのすすめ~布を汚そう・濃色編~  

こんにちはてょんぬです。
昨日上げた錆び塗装の記事が、思ったより反応が良かったので嬉しかったです(^▽^)

遅くなりましたが今日は布のエイジングについて書いていきます。

■濃い色は汚れが目立たない
濃い色は普段生活しているうえでもお分かりの通り、汚れが目立ちません。
サバゲーで使う迷彩服が「ヤレてきたなぁ」と感じるのはどんな時でしょうか。
「色が薄くなってきた時」ではないでしょうか。

というわけで、「濃い色のヤレ感」=「色落ち」という観点で、布を汚して行きたいと思います。

IMG_6327.jpg
家に濃い色で使わない服とかがなかったので、これまた100均で端切れを買ってきました。
綿100の何の変哲もない黒い布です。

使うのはこちら。
IMG_6356.jpg
パイプのヌメリを取るや~つです。
アルカリ性洗剤なら何でも良いかと思いますが(ハイターとか)、私は毎回これを使ってます。

溶液を作って…投入↓ 布はあらかじめ濡らしておくと染み込みやすいですよ。
IMG_6328.jpg
風呂場の手桶に入れました。
分量は毎回適当ですが、やりすぎが心配な方はまずは「一回し」からやってみましょう。
泡立ってるのはお湯使ったからです、反応で泡立つことはありません。

お湯を使うほうが比較的反応が早いですが、この時期はすぐ冷めちゃいますね。
コーヒー染めの時も書きましたが、かき回すとまんべんなく色落ちします。くしゃくしゃで放置しているとムラになります。
お好みで対応してください。

約1時間後、溶液から上げました。
IMG_6335.jpg
落ちた色で溶液はこんな感じに。

写真撮るの忘れたんですが、生地によっては濡れた状態だとあまり変化がないように見えます。
だからといって再投入せず、一度乾かしてから様子を見ましょう。
IMG_6342.jpg
乾かしたあと。結構ビシっと色がわかれましたね。
布に対して少なめの溶液・小さめの容器に入れるとギュっと丸まるので、こんな感じで境界がハッキリわかれます。
布に対して多めの溶液・大きめの容器に入れると丸めてもふんわり広がるので、境界も比較的ボヤケます。

あと、生地の柔らかさも関係してきます。

これだけです!
白い布を汚すよりも簡単ですね。

■注意点
・自然素材にしか対応しません。
 前回の白布の場合もそうでしたが、このやり方は綿・麻などの自然素材のものにのみ対応します。
 事前に品質表示等をご確認ください。
・ランダムにしか脱色されません
 漬け置きの場合は、かなり慣れないと意図的な場所を意図的に脱色させる事は難しいです。
 「この部分をこういう風に色落ちさせたい」という場合には向いていません。

ランダムに落ちてるだけでも、キレイな状態よりは風合いが出るのでオススメです。
edd2a31fda5d350fdcdfa8a807699075.jpg
拾い物写真ですが…左側の人のズボンはまさにランダムに脱色させてますね。
やり方も簡単だし、「人類を破滅に導いた劇薬が溶け込む下水道を歩いた」とかいう設定も付けられますよ。
是非試してみてくださいね。

次回は74uのサビ塗装を完成させたいと思います。
IMG_6352.jpg
昨日ここまでやったので

IMG_6359.jpg
今日手に入れた新しいサビ塗料を使って仕上げていきます。
(画像は試し塗り、小さいパーツだけど30秒でこれ!)

では。

Posted on 2015/12/02 Wed. 12:41 [edit]

category: エイジング方法

tb: --   cm: 0

ウェザリングのすすめ~サビ塗装の研究~  

こんにちはてょんぬです。
すみません、今日も布のエイジングはすっ飛ばします。
昨日の夕方ウェザリングの神が降臨し、「サビ塗装を頑張りなさい」と啓示があったので…
というわけで昨日やったサビ塗装の研究についてまとめます。

ちなみに今回やるウェザリング方法は、下記のような心情にもとづいています。


ようはスプレーやエアブラシが最強なんですが、環境を整えるのが大変…いや、面倒なんですよね。
極度にめんどくさがりの私は、なるべく手軽な作業をする!をモットーにしています。

IMG_6139.jpg
またまた登場74uちゃん。
塗装を剥いだのは良いものの、なんとも微妙な感じに剥げてしまったので
もうちょっと何とかしたいな~と思っていたのです。
この子にサビ塗装を施していきます。

材料↓
IMG_6329.jpg
全部100均で揃えました。
でも結局使ったのは「茶」「黒」のアクリル絵の具、スポンジのみでした。

調色をします。
IMG_6331.jpg
アクリル絵の具は水性ですが、水を加えずに練ります。
この絵具の茶色はほどよい感じだったので、黒と混ぜるだけでそれなりになりました。
でもオレンジがほしかったですね(なかった)。

IMG_6330.jpg
スポンジは適当に切っておきます。

着色していきます。
IMG_6332.jpg
スポンジに塗料をとり、ポンポンと叩きます。
錆が黒の塗料の下から沸いている感じになりますね!
この時注意なのは、塗料を取り過ぎないこと。
薄めていないアクリル絵の具は思いの外発色が良いので、不自然になります。
新聞紙等を2~3度叩いて塗料を落としてから着色するようにしましょう。


IMG_6334.jpg
いい感じ?

IMG_6333.jpg
全体を叩いてみた。

ちょっと赤っぽすぎるかな~?と思ったので、昨日紹介したウェザリングカラーを全体に塗ってみます。
IMG_6338.jpg
ほどよくオレンジが出てきました。

IMG_6339.jpg
アクリル絵の具の水で薄めず重ねると、厚みが出ます。
これがまた錆で表面がボコボコになった感じを再現してくれるんですね。

地金のシルバー部分に乗せたアクリル絵の具を、何となく「違うかな?」と思って落としてしまったんですが
オレンジを入れた瞬間「あったほうがよかった」と思いましたorz

IMG_6345.jpg
一通り終了。

IMG_6346.jpg
シルバー部分が浮いてますね…

IMG_6347.jpg
色が強く出てる部分は、塗料を落とさず直接叩いてしまったところです。
焦らず何度も重ねていく方が調整出来て無難ですね。

IMG_6348.jpg
なんというか、全体的にやりすぎてしまった感…
ウェザリング塗装は楽しいのでついついやりすぎてしまうんですよね…

一回塗料を剥いで、再トライしてみようと思います。

おまけ
IMG_6344.jpg
コーラ缶もやってみました。
ちょっと水がついてたようで、ドロのような質感になってしまいましたw

では。

Posted on 2015/12/01 Tue. 11:34 [edit]

category: サビ塗装

tb: --   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

リンク

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。