終末世界の歩き方

終末・世紀末装備の考察と製作記録

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ウェザリングのすすめ~サビ塗装の練習~  

こんにちはてょんぬです。
ブログ解説から2週間ほど経ちますね。
経験上、そろそろ更新ペースが落ちてくると思います!(´∀`*)

さてこの間買ったサビ塗料で練習がてら遊んでみたので、その過程を簡単にまとめておきます。
IMG_6361.jpg
タカラ塗料のサビ塗料、皆さんもう買いました?

今回は100均の
IMG_6427.jpg
何の変哲もないプラカップを塗装してみます~

まず、粗めの紙やすりで表面をガサガサにします。
IMG_6429.jpg
凹凸があるので微妙に大変でした。。
この作業の有無で塗料の定着の仕方が結構変わってくるので、地味ですが大切な作業です。
つるつるぴかぴかの表面だと、塗膜が剥がれやすいのでご注意です。

下地塗料のプライマーを塗ると更に完璧。

金属素材に見せるということで
IMG_6430.jpg
この部分にチョイと工夫を凝らしてみます。
溶接跡っぽいのを作ってみます。

やり方は至ってシンプル。プラを溶接します。
IMG_6431.jpg
ハンダ付けの要領で結束バンドを溶かして適当に塗りたくりました。
う~~ん適当…(∀`*ゞ)テヘッ

では塗っていきます。
IMG_6432.jpg
黒のアクリル絵の具を塗ります。
サビ塗装に慣れるまではまずはベース色として黒一色に塗ると無難で良いと思います。

乾いたら、ラストブラウンを全体的に塗ります。
IMG_6433.jpg
やっぱこの塗料めっちゃ便利…これだけでも結構雰囲気出ますよね。
スポンジでポンポンしたのみです。

次にラストオレンジを塗ります。
IMG_6434.jpg
垂れてる表現はドライブラシの要領で塗りました。
塗ってから思いましたが、ラストオレンジは「叩き」より「擦り」を多く使ったほうがそれっぽくなると思います。
ブラウンは根が深い錆ですが、オレンジは表面にサラっと付いているだけなので、
ブラウンと同じ表現方法だとちょっと違和感が出ます。

次はうまく使い分けたいと思います。

ハンダ付けした部分はこんな感じ
IMG_6435.jpg
……微妙w

最後に緑色をドライブラシでうっすらと付けてとりあえず完成です。
IMG_6436.jpg
苔のイメージですが、写真だとイマイチわかりづらいですねw

ここまでで大体2時間ほどの作業でした(下地処理に1時間、塗装に1時間)。
この要領で
61wjihwtQdL.jpg
ランタンとか

51HDm9APT5L.jpg
缶詰とかを塗装したらぐっと終末ぢからが上がるのではないでしょうか?!
ガスマスクのキャニスターとかもいいですね!
ぜひお試しください!

次は合皮のエイジング表現にチャレンジしてみます~
では。
スポンサーサイト

Posted on 2015/12/07 Mon. 12:48 [edit]

category: サビ塗装

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

リンク

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。