終末世界の歩き方

終末・世紀末装備の考察と製作記録

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エアコキガンを塗ってみました。  

こんにちはてょんぬです。

先日中古ショップで
IMG_6483.jpg
エアコッキングのP228を買いました。お値段なんと500円!
動作はしますがメーカー等詳細不明だった為激安で購入できました。多分マルイだと思います。

今回はこちらを塗装していこうと思います~
IMG_6485.jpg
プラ製なので表面処理の為にいつも通りヤスリがけを最初にします。
600番でざーっと。

IMG_6486.jpg
かけました。
ツヤピカのプラは表面をマットにするだけで結構雰囲気出ますぞ。

今回は私なりの「ドライブラシ塗装」のやり方を簡単に説明しますね。

使ったのはMr.ホビーのシルバー。
mrhobby.jpg
原液のままでおkです。

では塗っていきます。
塗料を筆に付けたら、ティッシュ等で軽く落としてから塗ります。
IMG_6489.jpg
つうてもあんまりカッサカサにしなくても大丈夫です。
結構大胆に塗ってもリカバリ可能なので、傷つくならここかな?ってとこに色を乗せていってください。
カドや出っ張っているところなど、実際の塗料の落ち方を参考にしましょう。

次にスポンジヤスリで塗った箇所を軽く削ります。
スポンジヤスリは1000番より上の、目が細かいものを使ってください。
IMG_6490.jpg
ポイントは、塗装面(シルバーの部分)と下地(黒の部分)の境目を意識して削ること。
ようは、境界線をボカしてより自然に塗料が落ちた感じにするんですね。


こうなります。
IMG_6491.jpg
最初にあった、「塗った」感は大分なくなったと思います。あとギラギラ感も抑えられましたね。
「ちょっと塗りすぎたな」ってとこは削ってると落ちるので、またやり直せます。

同じ要領でどんどんやっていきます。
IMG_6492.jpg
意外と適当にやるだけで様になるので楽ちんです(^o^)

IMG_6488.jpg
ほい出来ました(撮影の順番の関係で逆の面ですみません)。
結構よくないですか?(自画自賛)

IMG_6488b.jpg
正直、丁寧&正確にドライブラシ塗装をすれば、スポンジヤスリを使わなくてもなんとかなります。
ただ、それには結構技術と根気が必要になってくるので、それが両方無い人…つまり私向けです(^o^)わーい

IMG_6496.jpg
最終的にサビ塗装で仕上げました(^o^)
やり方はこないだのフェイスマスクと大体同じです。

やり終わってからパーツ毎の異素材感を再現するのもアリだったなと思いました。
IMG_6484.jpg
塗装終わってから画像を発見しました/(^o^)\

みなさんもお家で持て余しているエアコキガンを塗装して遊んでみてください~
では。
スポンサーサイト

Posted on 2015/12/14 Mon. 15:12 [edit]

category: エイジング方法

tb: --   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  #
2016/03/13 20:37 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

リンク

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。