終末世界の歩き方

終末・世紀末装備の考察と製作記録

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

手作り太鼓まとめ。  

こんにちはてょんぬです。
早速ブログに飽きて年末から放置してました(正直)。
去年末はあれですね、FALLOUT4が出たのでずっとゲームしててそれどころではなかったのと
ひと段落した後も仕事が忙しかったりDIVISIONが出たりしてとにかく忙しかったですね!!!

で、気付けばMADサバ2が近づき、装備作りに大した時間も金も裂けない状況になってしまい、
「角ヘルメットがあればなんとかなる」と過去の自分にすがるという最低なことを考える中、ふと


と思い立ちました。
この時点で大体二週間前ですね。今思えばギリギリでした。

ネットで手作り太鼓のことをいろいろ調べまして、「意外と作れるんやんっつーか楽しそう」と思い、早速作ってみました。

使うものリスト
1.フリスビー型の犬ガム
IMG_7123.jpg
犬を飼ったことがなかったので知らなかったんですが、犬ガムは牛皮でできているそうですね。
これを太鼓の叩く面にします。今回は大きいサイズの直径20cmのものを使いました(Amazonで一枚800円弱くらい)。
大きさにバリエーションがあるが良いところですね!
2.緑茶もしくは紅茶
犬ガムをなめすのに使います。葉っぱでもティーバッグでも可。
3.バケツ、ごみ箱など
円柱状のもの。
素材と厚みなどで微妙に音が変わると思います。
4.ロープ等紐類
皮を張る時に使います。
5.バチ用の棒
棒のままで叩くと和太鼓っぽい音に、布等を巻くと洋太鼓(?)っぽい音になります。

では作っていきます。

・胴になるパーツを筒状にする。お好みで塗装する。
胴になるパーツは高さはお好みで大丈夫ですが、直径は犬ガムに適したものにしましょう。
直径20cmの犬ガムに対して、外径19.5cmのごみ箱を選びました。
底を抜いて、塗装は適当に手元にあったスプレーで。
IMG_7104.jpg
風林火山って感じになりましたね!

・犬ガムをなめす。
皮のなめしには種類がありますが、今回は最もお手軽にできる「タンニンなめし」にします。
今回使ったのは緑茶
紅茶のほうがタンニンの含有量は多いのですが、かなり茶色くなるようなので緑茶にしてみました。
IMG_7124.jpg
感覚でいいので「飲むレベルじゃねーよ」ってくらい濃いめに出し、常温程度になるまで放置します。
(沸かしたお茶がすぐに冷めるように風呂に水を溜めて冷やしてます)
IMG_7125.jpg
犬ガムがすべて浸るようにしましょう。
このまま一昼夜~数日置きます。私は三日三晩放置しました。
IMG_7143.jpg
↑一日置いた状態。水分で膨張してはみ出してしまってますね(;^ω^)
夜寝る前には必ずかき混ぜて、乾燥しないようにしました。

・革を切る。
きれいな円ではないので形を整えます。
IMG_7165.jpg
後ろにチラっと見えてますが、型紙を作って切り抜きました。
やや余裕を持って、直径24.5cmです。

・革に穴をあける。
使用する紐の径に応じた穴をあけます。
今回は直径2mmのロープを使用したので、3mmのポンチで穴をあけました。
IMG_7166.jpg
大きいので穴は16か所。
直径が小さければ穴ももっと小さく少なくても大丈夫だと思います。

・紐で締める。
これがもっとも作業らしい作業ですね。
穴に紐を通し、締めていきます。何気に力作業です。

こちらの動画を参考にしました。
形状が違いますが、同じ原理で締めれます。
何度か繰り返し締めることになりますが、できるだけ3~4回で終わらせるのが良いと思います。
摩擦による穴へのダメージが大きくなってしまうためです。
革が湿っている状態だと結構いくらでも伸びるので、
ある程度締めたら半日程度置いて様子を見て締めるのも手です。
IMG_7167.jpg
↑締めた直後。

・乾かす。
風通しのよいところに置いて乾かします。ドライヤー等で急激に乾燥させるのはやめておきましょう。
IMG_7169.jpg
↑半日後。
見た目は結構変わりましたがそんなに乾いてません。
IMG_7179.jpg
↑丸一日後。
端の方は乾いてますが打面はしっとりしてます。「ボンボン」って感じのハリのない音。
この後一日乾燥させたら、結構太鼓っぽい音になりました。
完全に乾燥させるには、2~3日は乾かしておいた方がよさそうです。
乾燥の間にバチを作っておきましょう。

以上!こんな感じです!
製作期間は5日ほどかかりましたが、ほぼ待ってるだけ!という、
せっかちな私にはなかなかヤキモキさせられるブツでした。

これ持ってMADサバ2に行ってきました!
IMG_7200.jpg IMG_7203.jpg
全身まともに映ってるのがこの二枚しかなかったという写真撮らなさっぷり。
たのしかったです(^O^)

MADサバ3では世紀末楽器勢が増えていることを祈ります!
ではでは!
スポンサーサイト

Posted on 2016/05/02 Mon. 19:56 [edit]

category: その他製作

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

リンク

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。