終末世界の歩き方

終末・世紀末装備の考察と製作記録

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カリフォルニア喧嘩紀行⑨  

前回までのあらすじ~
写真 2017-10-01 10 45 16_preview
WWにはキュートな一面もあった!

 サンダードームの予約登録を終え、開始までまたぶらぶら(^o^)
歩いていると、どこかのトライブでお誕生日パーティーをやっていたようで、「はっぴばーすでーとぅーゆー♪ファッキュー!!!!(合いの手)」と楽しそうな歌が聞こえてきたりしましたよ♪

日本組のキャンプで一休みさせてもらっていたら、お隣さんが「今日はあそこのトライブで豚焼くから食べに行きなよ!」とお誘いが!
おなかも減ってきていたので丁度良かったのでお邪魔させて頂きました(*´▽`*)
写真 2017-10-01 11 24 46_preview
よく考えたらアメリカのバーベキューパーティーってやつですね~!
色々な人に話しかけてもらって、お酒もたくさん振舞ってくれました!(メキシコ製のトマトビールがすごいおいしかった)
写真 2017-10-04 19 00 55_preview
現地の人に撮ってもらった写真。MADサバ運営組!

ご相伴に預かった後はいよいよサンダードームへGO!
…途中でアトミック・カフェが光っていたのでつい寄り道(´∀`*)
写真 2017-10-01 13 01 47_preview
アトミック・カフェは「マッドマックス サンダードーム」の劇中に出てきたバーのようなところ。(さらにその元ネタは同じ名前のドキュメンタリー映画かな?)

写真 2017-10-01 13 03 11_preview
こんな感じでお酒を提供しています。しかしみんなよく飲むなあ!(私全然飲めない)

サンダードームについたら、参加者2名とは別れて外で待機。
少ししたらオープニングセレモニーが始まりました!これがまたかっこいい。
YouTubeに上がってました~↓セレモニーの後は最初のバトルの様子も見れますよ!


見てる感じ、最初にバチーーーンとぶつかるときの勢いが良いほど歓声が大きくなりますね^^乱暴か


しばらく待っていたら日本組の対戦開始!
こちらは動画でどうぞ。

出発前に、「掴み合って殴るだけじゃつまんなくね?!」と話してて、あえて掴まない戦法を試したんですが、
なんかもう掴み合って団子になって殴り合うのがお作法らしく(;'∀')
スタッフの方につかめ!つかめ!と言われたみたいですw
その他の感想はサトミさんとヒロシコフに直接聞いてみてください!

しかし夜は若干疲れていて写真をまったく撮っていない…w
この後、少しおしゃべりをして、WWを後にしました。
写真 2017-10-01 16 01 52_preview
夜空がきれいだったー(乱視なのが悔やまれる)




さてここまで駆け足でお伝えしたので大事なことを飛ばしておりました。

BARTER(バーター)制度。物々交換です。
私が渡米前にシコシコと何かを作っていたのはFF内の皆さんご存知かと思います。






これらは全て、物々交換用のアイテムです。
現地の人も同じく、物々交換用のアイテムを色々と持って来ています。
それらを、現地で気ままに交換するのです。
私が物々交換用で手に入れたアイテム(一部)↓




あとはニワトリの足とかもらいました。

それからTRIBEキャップ。
写真-2017-10-01-5-15-03_preview
現地にあった地図にもボトルキャップで「このTRIBEはここ」とマーク。

TIRIBEのマークを印刷したボトルキャップは、物々交換の際に流通してます。
ボトルキャップは賭場の「ラストチャンス・カジノ」とかでも使えると思います(行ってないから不明瞭ですが)。
a_2017101917363421e.jpg
ボトルキャップ印刷業者、日本にもあればいいのにー

物々交換したアイテムは大事にずっと持っていないといけない訳ではなく、他の人と交換する時に再度使用しても大丈夫です!
ようは「物=お金」の考え方で、市場に流通していきます。
そういったことから交流が始まったり、名刺代わりになったりもするので、非常に面白いシステムでしたね。




さて!長くなってしまったWW記事もようやくまとめに入ろうと思います。
写真 2017-10-01 6 09 50_preview
一言でいうと、これは日本では出来ないイベントです。
アメリカの自由と自己責任を重んじる文化と、アメリカ人の奔放な民族性があってこそのイベントです。
日本のどこに行っても味わえないイベントです。ぜひ現地で体験してみてください。
また、今回の貴重な経験は、日本の世紀末イベント「MADサバ」にフィードバックされるかと思いますので、皆さんお楽しみに!

最後に、WWめっちゃ行きてえ~~~!来年は行く!!!という方へアドバイス。
写真 2017-10-01 6 03 08_preview
・スポット的に行く場合は、初日が良い
イベントが5日間ある中、私は最終日一日前(9/30土曜日)に1日だけ行きました。
土曜日ってなんか盛り上がってそ~ってだけのイメージで。
ほとんどの人が初日から荒野で過ごしており、私が行ったタイミングではほんとにもう全員浮浪者!(日本組も含むw)
荒野でグデングデンにふやけているアメリカ人の中、現実を引きずるしかも日本人が飛び込むにはなかなかハードな世界でした。
 なのでまだ参加者にハリのあるうちに行くのをお勧めします。ハリがあるのかはわからんが。

写真 2017-10-01 6 32 37_preview
・ノリに慣れるのに時間がかかる
普段フェスとか行き慣れててウェイのノリがわかっている人は良いんですが、私のように人見知りとかボッチ好きとかは、アメリカ人のノリについて行くのに苦労します。
が、無理に合わせることもないです。日本人と違って断ることのハードルが低いです。合わせる必要はないですが、まあ慣れはいりますね…

写真 2017-10-01 5 59 06_preview
・一日だと時間が足りない
↑に書いた「慣れる時間」も1日だと足りなかったんですが、そもそもイベントが同時多発的に行われます。
カークルーズの間に水着コンテストをやり、サンダードームをやっている向こう側でライブが始まる…
他の参加者との交流を含めると、とても1日では時間が足りません。最低でも一泊はした方が良いと思います。

写真 2017-10-01 9 50 40_preview
・英語が聞き取れると尚良い
喋るのはぶっちゃけ単語レベルでもいいんですが、リスニング力が無いと交流に限界があります…こればっかりは勉強あるのみです。
でもまあ、なんか異国感あって良いですけどね!

その他細かくは色々ありますが、行くことが現実的な方にはお教えしますので、ぜひご相談ください。
でも、現地の雰囲気については、設営日からいた3人の方が詳しいな!

WWに行った日本組の現地レポや感想をとぅぎゃったーにまとめました。
色々見れますよ~!




WWが終わり、30分ほど走って2時頃にモハベの小さな町のモーテルへ到着!
写真 2017-10-01 17 08 49_preview
写ってないけど、世紀末カーも停まってた。砂漠じゃなくモーテルで寝泊まりする人もいるんですね。

写真 2017-10-01 17 17 49_preview
これまた広っ!1部屋1泊55ドルでした。
簡単に夜食を食べて就寝~。

次回は元居た拠点への帰路で色々寄り道します。

ではでは!
スポンサーサイト

Posted on 2017/10/19 Thu. 18:40 [edit]

category: 雑記

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

リンク

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。