終末世界の歩き方

終末・世紀末装備の考察と製作記録

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ウェザリングのすすめ~サビ塗装の研究~  

こんにちはてょんぬです。
すみません、今日も布のエイジングはすっ飛ばします。
昨日の夕方ウェザリングの神が降臨し、「サビ塗装を頑張りなさい」と啓示があったので…
というわけで昨日やったサビ塗装の研究についてまとめます。

ちなみに今回やるウェザリング方法は、下記のような心情にもとづいています。


ようはスプレーやエアブラシが最強なんですが、環境を整えるのが大変…いや、面倒なんですよね。
極度にめんどくさがりの私は、なるべく手軽な作業をする!をモットーにしています。

IMG_6139.jpg
またまた登場74uちゃん。
塗装を剥いだのは良いものの、なんとも微妙な感じに剥げてしまったので
もうちょっと何とかしたいな~と思っていたのです。
この子にサビ塗装を施していきます。

材料↓
IMG_6329.jpg
全部100均で揃えました。
でも結局使ったのは「茶」「黒」のアクリル絵の具、スポンジのみでした。

調色をします。
IMG_6331.jpg
アクリル絵の具は水性ですが、水を加えずに練ります。
この絵具の茶色はほどよい感じだったので、黒と混ぜるだけでそれなりになりました。
でもオレンジがほしかったですね(なかった)。

IMG_6330.jpg
スポンジは適当に切っておきます。

着色していきます。
IMG_6332.jpg
スポンジに塗料をとり、ポンポンと叩きます。
錆が黒の塗料の下から沸いている感じになりますね!
この時注意なのは、塗料を取り過ぎないこと。
薄めていないアクリル絵の具は思いの外発色が良いので、不自然になります。
新聞紙等を2~3度叩いて塗料を落としてから着色するようにしましょう。


IMG_6334.jpg
いい感じ?

IMG_6333.jpg
全体を叩いてみた。

ちょっと赤っぽすぎるかな~?と思ったので、昨日紹介したウェザリングカラーを全体に塗ってみます。
IMG_6338.jpg
ほどよくオレンジが出てきました。

IMG_6339.jpg
アクリル絵の具の水で薄めず重ねると、厚みが出ます。
これがまた錆で表面がボコボコになった感じを再現してくれるんですね。

地金のシルバー部分に乗せたアクリル絵の具を、何となく「違うかな?」と思って落としてしまったんですが
オレンジを入れた瞬間「あったほうがよかった」と思いましたorz

IMG_6345.jpg
一通り終了。

IMG_6346.jpg
シルバー部分が浮いてますね…

IMG_6347.jpg
色が強く出てる部分は、塗料を落とさず直接叩いてしまったところです。
焦らず何度も重ねていく方が調整出来て無難ですね。

IMG_6348.jpg
なんというか、全体的にやりすぎてしまった感…
ウェザリング塗装は楽しいのでついついやりすぎてしまうんですよね…

一回塗料を剥いで、再トライしてみようと思います。

おまけ
IMG_6344.jpg
コーラ缶もやってみました。
ちょっと水がついてたようで、ドロのような質感になってしまいましたw

では。
スポンサーサイト

Posted on 2015/12/01 Tue. 11:34 [edit]

category: サビ塗装

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カテゴリ

リンク

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。